DSC_1746

 

 

 

 

 

今日の予約の刺身盛りです。

トビウオ ウチワエビ サザエ 天然鯛

〆鯖 鯵 ヒラス マカジキです。

 

トビウオがモチモチして美味しかったです。

鯖も大型だったんでシマアジみたいで

美味しかったです。

 

二人前で2000円いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日 釣れたシマフグです

 

 

 

DSC_1741

 

 

 

 

 

 

 

フグ類は みんなかわいい顔をしています

 

 

 

娘が2歳の時 釣ったクサフグが

消えたと思ったら ポケットに入れてました。

 

 

 

それくらいかわいいのでしょう。

 

 

 

しかし かわいさとは裏腹に

テトロドトキシンという 人がサクッと

死んでしまう毒を持っています。

 

 

シマフグは 肝と卵巣に毒が

あります。

 

 

 

慎重にさばいていきます。

 

 

 

DSC_1742

 

 

 

 

 

 

毒々しい皮ですね…

 

 

 

 

しかし皮は食えます。

 

湯引きすると ぶりんぶりんした

歯応えで美味です。

 

 

トゲが しっかりしてるので

トゲをひくのが やっかいです。

 

 

 

 

今日は 料理長の酒の肴で

刺身にしました。

 

 

 

DSC_1744

 

 

 

 

 

 

 

身皮も湯引きして 食べます。

 

 

一日 さらしに巻いて

重しをして 置いてます。

 

釣ったその日のは 薄く切ると縮むのと

あまり味がしないので 最低一日は置きます。

 

 

 

感想ですが フグなんで一日置いても

歯応えがあります。

 

 

味はあまりないですね    ポン酢の味が

際立ちます。

 

 

 

 

DSC_1743

 

 

 

 

 

 

 

ぷりぷりして美味しそうな肝ですね。

 (絶対食べたらダメですよ!)

 

 

 

しかし 喰うと高確率で 呼吸器が

麻痺して 苦しみながら三途の川を渡る事と

なります。

 

 

絶対食べちゃダメですし

自信がないなら さばくのもやめて下さい

粘膜とか血にも毒があったりします。

 

 

なので 店では使いませんし

お持ち込みされても提供いたしません。

 

 

 

自分が乗る 遊漁船の船長に

シマフグ持って帰ったの料理長が

二人目ですって言われました。

 

 

逃がしたほうが無難ですね。

 

安い魚ですし あまり流通しません。

一度 みがいた冷凍ものを見かけましたが…

 

 

 

 

 

 

慎重にさばいて食べたんですが

 

 

 

ブログの更新が途絶えていたら…

 

 

 

 

察してください…

 

 

 

 

 

以前 ブログでゴマ鯖は真鯖に比べて

値段は三分の一ほどで 味も劣ると

言いましたし 自分もそう思ってたんですが

今日一尾ずつ 丁寧に活〆してある

ゴマ鯖を買いました。

 

鯖は 普通巻き網でまとめてとるので

そのままお亡くなりになられます。

 

結果 身が弱り すぐに鮮度を失います。

 

 

DSC_1712

 

 

 

 

 

 

値段は 巻き網で取ったものの4倍くらいしました。はっきりいって高級魚です。

 

 

しかしゴマ鯖の生食に いいイメージが

ないので(味的に)高い買い物をしたと

ちょっと後悔してます。

 

 

で   食べてみました。

 

 

DSC_1714

 

 

 

 

 

 

 

脂がのり 活〆してあるので

血合いも身も綺麗です。

 

 

 

食べた 感想ですが 身 、脂に 甘みが

あり 新鮮なので歯応えもあり

すごく美味しいです。

 

 

こんな ゴマ鯖ならいくら金払っても

いいと思いました。(お店のお金ですが…)

 

 

 

ゴマ鯖を見る目が変わりました。

 

 

 

今までゴメンナサイ 反省してます。

 

 

魚屋さんも こんな綺麗に処理してる

ゴマ鯖は初めて買ったと言ってました。

鮮魚は 処理の仕方で 味 値段とすごくかわりますね。

 

 

 このゴマ鯖食べてなかったら

ずっとゴマ鯖の事を 誤解したままでした

 

料理って難しいですね。

 

 

今日メニューに入れた

マイナー魚はヒラスズキです。

 

DSC_1664

 

大きかったんで 片身しか

買わなかったので わかりにくい

写真ですみません。

 

 

普通のスズキ(丸スズキ)

よりも体高があり 目が大きいです。

荒波のなかを泳いでるので

身が締まり 血合いも丸スズキよりも

綺麗で味も 丸スズキより上です。

丸スズキはたまに 川魚みたいな

臭いがあるのもありますが

ヒラスズキはないです。

 

漁獲量も少ないので

丸スズキよりも高く

そういう意味ではマイナー魚だと

言えます。

 

 

荒磯でルアー釣りする人には

かなりメジャーな魚ですが

釣りしない人は 知らない魚だと

思います。

 

 

ヒラスズキはやはり刺身が

美味しいです。

 

DSC_1668

 

神経絞めした 新鮮な刺身なんですが

熟成させなくても甘みと旨味があります。

 

熟成させればもっと美味しくなるのかも

しれませんが やはり長崎人は 歯応え重視ですね。

 

スズキ族なんで 胃袋 浮き袋 白子真子など

内臓も美味しいです。

 

 

釣ってきて 格安で 出したいんですが

荒磯にのぼるのも 荒波の操船も

へっぽこ料理長には 厳しいんで

今のとこ 魚屋で買うしかないです…