先日の釣果のなかに

有明ターポン   標準和名 ヒラが

いました。

 

 

DSC_1918

 

 

 

 

 

 

ターポンとは 大西洋で釣れるさかなで

他に仲間にイセゴイというのが

いるそうです。

 

 

どちらも美味しくなく特に   イセゴイは最悪で 身がグズグズ味は鉛の味だそうです。

 

 

鉛を食べたことは無いですが

何となく気持ちは 伝わります。

 

 

ヒラは有明海でよく獲れ

ターポンに見た目が似てるから

 

有明ターポンと言うそうです。

 

 

魚屋さんにはあまり出回りません。

 

岡山で90%消費されるそうです。

 

 

 

小骨が 多い魚ですが

ボウズこんにゃくさんのサイト(魚の食味 方言など2000種くらい網羅してます)によると

味は5段階評価の 最高五つ星の究極の

美味だそうです。

 

 

都会の人と 長崎の人では味の好みは

違うと思いますが…

 

 

実際食べても究極の美味ではないと思います。

 

星4つくらいですかね?

 大きいのは

もっと美味しいのかも

しれませんが魚屋にもなくて

 

とにかく手に入りません。

 

 

わたくしもまだ二回しか

食べた事ないです。

 

 

 

コノシロをもっと大きくしたような

感じで70センチくらいになるそうです。

 

 

 

有明とつくから  有明海にしかいないと

思ったら  普通に橘湾でルアーで

釣れるそうです。

 

 

魚屋にあっても 安いです。

 

 

マイナー魚なんで  プッシュします!

 

 

 もう食べちゃって 無いですけど

 

 

釣れたら 載せますね!

 

何年先かわかりませんが…