先日 伊王島沖でほぼエソしか釣れなかったので

橘湾に行ってきました。

 

 

DSC_1379

 

 

10キロクラスの鰤と信じてファイトしています。

 

 

 

DSC_1380

 

上がってきたのは 定番の良型サメです。

6キロくらいありそうです。

 網を突き破りました

 

妖怪ウオッチのキャラみたいですね

 

 

今日は 風でコンタクトが飛ばされるという

ハプニングもあり…

見つけたと思ったら すべて魚のウロコでした。

 

 

DSC_1388

 

 真鯵 真鯖 太刀魚 鯛と美味しい魚が釣れました。

 

 

DSC_1385

 

 

料理長と鰤のツーショットです。

 

 

 

 

鰤といえばやはり カマ焼きですね。

 

DSC_1390

 

 

デカいです。

今日は特別サービスの490円で提供しました。

 

刺身もいいんですが 鰤は2日くらい置いたほうが

美味しいと思います。

私も長崎の人間なんで 熟成したものより

歯応え重視の釣りたてがいいんですが(特に白身の魚)

鰤は 置いとかないと 味があまりしないとおもいます。

 

こんな大きな魚 家ではさばくのたいへんですね。

 

 

 

DSC_1389

 

 

釣れた時はぜひお持ち込み下さい!

 

 

 

 

 

 

本日は釣り魚のお持ち込みがありました。

 

DSC_1369

ネリゴとキンフグとアラカブです。

 

伊王島沖で釣れたそうです。

 

DSC_1371

キンフグは唐揚げに

 

DSC_1375

 

 

DSC_1373

 

アラカブは味噌汁と煮付けにしました。

 

 

ネリゴはキンフグとアラカブの湯引きと共に

姿造りにしたんですが写真をとりわすれました…

 

キンフグは鍋に唐揚げに美味しいんですが

よく似た 魚にドクサバフグがいます。

背中のトゲが背びれまで達している。

尾ビレが湾曲してると特徴はあるんですが

サバフグ系を持ち込む場合は必ず

皮を剥がず そのまま持ってきて下さい。

ドクサバフグは身にも強毒をもちます。

また クロサバフグも稀に内蔵に毒をもつので

注意して下さい。

 

トラフグ シマフグ クサフグ ヒガンフグなども 内臓 物によっては身にも弱毒をもつので

調理をお断りします。

 

 

事前に電話で確認をよろしくお願いします。

 

 

Social tagging:

 

 

だんだんと寒くなってきました。

そんな時期に出てくるのが 大村湾ナマコです。

 

DSC_1350

 

 

大村湾ナマコは全国的に有名で

高級料理店でも使われます。

 

大村湾は潮の流れが緩やかなので

そこで獲れるナマコは柔らかくて

食べやすいです。

 

瀬戸内海ものなどは 結構かたいので

70℃位のお茶で茶ぶりにしないと

食べにくいです。かたいのが好きな人もいますが…

 

 

 

DSC_1357

 

 

定番のナマコ酢です。

なかなかの高級食材なので 写真の量で590円で提供いたします。

 

 

1月中旬くらいになるとキロ1500円くらいになるのですが 年内は高いですね。

特に年末は 昨日までキロ2500円くらいだったのが 次の日にはキロ4000円になったりと

相場が変わったりします。

 

 

12月から2月くらいまでしか

漁がないので 早めに食べましょう!

 

 

Social tagging:

 

本格的に寒くなる前に

沖に出ました。

寒くなるとほとんど海が荒れて出れなくなります

 

 

 

しかし 今日は 波が高く 出船して

5分で船が揺れすぎて 帰りたくなりました…

 (私は絶叫マシーン系が苦手で船が揺れるとビビります。 腹の調子が悪いと言って 本当に帰ろうかと思いました。)

 

 

荒れていたので思った通りにポイントにはいれなくて エソ40匹弱 あとはイトヨリ少々と

散々な結果でした。 殆どリリースしてます

 

 

DSC_1346

 

 

 

いつもはエソ以上に他の魚が釣れるんですが

今日はどこに行っても エソえそESO

 

 

 

いつもはみんな 魚が掛かったら 体全体を使ってアピールするんですが

今日はダンマリです。 それくらいエソしか釣れません。

 エソの生態系を崩す勢いで 釣れつづけました。

 

 

すごい引きをするので

網で取り込んでもらおうとしたら

エソというのが二回続いたので(普通エソは網で取り込まず 抜きあげます。網を使うのは大型の魚が掛かった時だけです)

 

 

次 エソが掛かって 大型と勘違いして

網を要請したら罰金一万円ね

と、取り決めをしたら 私のジグに

すごいあたりと引きをするので

大きな鯛と勘違いして 網を要請したら

1キロオーバーの巨エソでした。

 

 

エソ名人も二番目に大きい800グラムのエソを

あげたんですが  私が出し抜いてしまいました。 すみませんでした。

 

 

DSC_1348

 

 

 

大きかったんで尾のほうを 刺身にしました。

お客様に食べさせたら 天然ひらめと

勘違いされてました。

 

それくらい美味しいです。血合いの色も似てますし

 

 

数が多かったんで 捌くのも料理するのも大変でした。

 

 

 

船酔いはしなくなったんですが

ずっと船が揺れてたんで

丘酔いがすごいです。

 

体が揺れながらブログ更新してます。

 

 

 

Social tagging: >

 

 

今日は予算高めの宴会が 入っていたので

それ用の魚を仕入れに行きました。

 

DSC_1338

 

エソ名人が 良型のサメを釣り上げ

ご満悦です。(しかしこの一時間後に悲劇がおとずれます。)

 

 

DSC_1335

 

鯛ラバで 鯛が釣れました。

普通の事なんですが 料理長の操船 ポイントで

釣れるのは ほぼ奇跡です。

 

 

 

DSC_1341

 

 

鯛は45センチ 1.5キロありました。

オオモンハタも45センチ 1.3キロ

 

その他 キンフグ ネリゴ ヒラアジ サゴシ

と釣れました。

ほとんど 100グラムの メタルジグです。

 

 

オオモンハタは姿造りに

 

フグは鍋に

 

小型のオオモンハタは塩釜焼きに

 

あとは全部刺身で使いきりました。

 

 

 

 

今日は エソ名人が あまたのエソを釣り上げた

ロッドを海へ落とし  それを引っ掛けようとした ロッドが根掛かりして 折れるという

わずか10分足らずで 2本のロッドとリールを

失うという 悲劇がおとずれました。

 

エソのタタリは恐ろしいです。

 

 

私も割とエソを釣るので タタリがありました。

久々にDVDを見ようと思って シンゴジラを

借りたら その日にテレビであってました。

 

 

本当に恐るべしです。

1 2