久しぶりに釣り魚のお持ち込みが

ありました。

 

しかも 3件続けてです!

 

 

DSC_1922

 

 

 

 

 

 

 

まずは 落とし込み(サビキで小魚を掛け

そのまま底に落とし 青物など大型の魚を釣る方法)の釣果です。

 

一メートル超えの ヒラス、ブリ

 

キジハタに、 落とし込みのベイト(エサとなる小魚)と思われる鯵 鯖です。

 

鯵は刺身で食べてもいいサイズです。

 

ヒラスもブリも一メートルを超え

いい引きをしたと思われます。

ヒラスは脂ものり 上等でした。

 ヒラスとブリは よく似てますが

胸びれと腹びれの位置や

口元 などで確認できます。

 

魚はだいたい天然ものが

高いんですが ヒラスブリは

養殖物のほうが高いです。

 

特にブリは10キロ超えても

手軽な値段で 小さいブリ(ヤズ)などは

値段もつかないです。

 

DSC_1924

 

 

 

 

 

 

 

ヒラスとブリの食べ比べの刺身です。

 

画像が悪いですが(クリックするとちょっときれいに見えます)

 

 

右の皿がブリです。

ヒラスより身が赤っぽく

ちょっと血の味もします。

脂がのった腹身を寝かせて

食べるのが美味しいですね。

 

一メートルサイズでしたが

身質はやや  ヤズっぽく

あっさりしてました。

 

 

左の皿がヒラスです。

 

ブリより脂が少なめなんですが

このヒラスはよく脂がのってました。

 

料理長は 養殖ヒラス 養殖ブリの

脂の味が苦手であまり食べれないんですが

この天然ヒラスは脂ものり 美味しかったです。

 

 

 

DSC_1926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1928

 

 

 

 

 

 

ヒラスとブリの頭はあら炊きに

カマは塩焼きに

鯵は刺身と塩焼きに

鯖は竜田揚げに

ブリの胃袋は湯引きに

キジハタは鍋にしました。

鍋には 大きなエソが二匹あったんで

叩いてツミレにしました。

 

 

料理の品数が多かったんで

お一人様1500円いただきました。

 

 

またのお持ち込みをお持ちしております。

 

 

 

 

メーター超えヒラス釣りたいです

 

 

 

 

 

 

橘湾に行ってきました。

 

 

 

DSC_1917

 

 

 

 

 

 

 

3人での釣果です。

 

 

いっぱい釣れてますが

 

実は料理長金フグとサゴシしか

釣ってません。

 

 

金フグは 店で使えるので

嬉しいと言ってましたが

 

金フグばかりで 正直ちょっとウザいです。

 

 

指3~4本クラスのタチウオが

たくさんあります。

 

友人は小一時間で8匹釣りました。

 

 

料理長はあたるたびに スカッ(タチウオにいとを切られる音)スカッと糸をきられ

時合い(魚がよく釣れる短い時間)の間を

ほとんど糸を結びなおしていました。

 

 

タチウオに5回も糸を切られました。トホホのホですよ…

 

 

 

船長が 金フグの肝はレバ刺しみたいで

美味しいというから  いつもは捨ててたんですが胡麻油と醤油で 食べてみたら

 

なるほど 絶品でした。

牛レバ刺しみたいでした。

 

 

牛レバ刺しも出せないし

金フグ肝もなんかあったら嫌なので

出しませんが…

 

 

でもフグ免許の本には

橘湾の金フグ(白サバフグ)は内蔵まで

無毒と載っています。

 

 他の海域で獲れるやつはダメみたいです。

 

しかし   温暖化などの気候変動で

状況は変わったかもしれませんが

 

 

 

 

試したい方は 自分で釣られて

食べて下さい。

 

クロサバフグの肝はダメですよ!

 

間違えても シマフグ、クサフグ、天然トラフグ、ショウサイフグなどの肝は食べないで下さい。

 

 

あと橘湾に マツカサフグという

毒性不明のフグが あがって来てるみたいです。

 

 

 

橘湾に行ってきやした。

 

 

今日は フグ神がいないので

一抹の不安を感じます…

 

 

予報と 異なり波が高く風も

あり 厳しい日でした。

 

 

朝一で太刀魚をバラし

まだ 朝だからいいかと

思ってたら結局フグしか

釣れませんでした。

 

 

DSC_1910

 

 

 

 

 

 

大きなフグがたくさん釣れました。

 

 

タイラバのシリコンでできてる部分を

全部かじられましたが

フグはおなかこわさないのでしょうか?

 

 

 

昨日から

生け簀に 入ってたフグももらいました。

 

 

DSC_1909

 

 

 

 

 

 

太刀魚は友人からもらいました。

 

エソは他の客が釣ったのを

船長が無言で 私のクーラーに

入れてました。

 

どうやら 外道処理斑に任命された

もようです。

 

 

フグは 前回の予告通り 一夜干しに

仕込みます。

 

DSC_1911

 

 

 

 

 

 

 

 

エソは せっかく船長が入れてくれたんで

今日は エソの照り焼きハンバーグに

 

 

DSC_1914

 

 

 

 

 

 

 

帰りに船長が「今日は彼が(フグ神)がいないから 料理長フグばっかりやったねぇ~」

って言ってました。

 

確かにフグ神がいれば 先にフグを釣ってくれるので こちらは腰を据えて本命を狙えるんですが…

 

 

フグ神…ブログ見てますか?

 

 

いないところで

言われてますよ(笑)

 

 

船に乗るときは朝4時起半起き

6時出船です。

 

前日はなかなか 寝れないもので

今日も2時半になっても寝れません。

 

 

意地でも寝ようと その時間から

ウイスキー飲んだら 寝れました。

 

しかし 目が覚めて気づいたんですが

 

明らかに酔ってます。

 

車で迎えに来てもらい船に乗りましたが

乗った時点でまだ酒に酔ってます。

 

今日は大丈夫なんでしょうか。

 

 

DSC_1901

 

 

 

 

 

 

釣果ですが

 

大きなキジハタ(もらいました)

良型のホウボウ(もらいました)

水カマス(もらいました)

アラカブ(もらいました)

サゴシ(もらいました)

ソコイトヨリ(釣りました)

 

 

DSC_1900

 

 

 

 

 

 

 

キンフグもたくさんあります。

 

愛野のエソ名人が キンフグを釣って釣って

釣りまくります。 彼のルアーの動かしかたが

キンフグのハートに火をつけるんでしょう

 

 

名前も フグ神に変更するそうです。

 

 

 

DSC_1904

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げに仕込でばかりじゃ

あれなんで 今日は一夜干しに

仕込みます。

 

 

美味しかったらメニューにいれますね。

 

 

 

酒酔いで 船のっても

船酔いしませんでした。

 

 

久しぶりに食材調達に行きました。

 

台風やウネリなどで なかなか出れなかったのと

暑すぎて魚の活性が悪くて釣れなかったので

ブログの更新も滞ってました。

 

 


DSC_1894

 

 

 

 

 

太刀魚とサゴシ(サワラの幼魚)キンフグです。

 

キンフグは みんな釣れたら チッて言って

逃がすので もらってきました。

あららぎはキンフグ魚屋で買います…

 

 

DSC_1898

 

 

 

 

 

 

指4本サイズの太刀魚は刺身にしました。

小さいのと違って 甘味旨味もバヅグンです。

 

 

 

DSC_1897

 

 

 

 

 

 

 

三キロサイズのサワラが釣れてると

聞いて 期待したんですが

釣れたのは 300グラムくらいのサゴシ…

 

 

 

サワラと違ってサゴシは脂もなく

臭みもあって(処理次第です)嫌われ者ですが

きちんと塩水処理をして フライにし

あららぎ名物 タクワンタルタルソースを

乗せてたら 絶品でした。

 

 

キンフグは きちんとドクサバフが

いないか 一匹づつ確認して

唐揚げに仕込みました。

 

 

2カ月ぶりに エソ名人と 船上で

再会しました。

 

キンフグいっぱい釣ってました。

てか キンフグしか釣ってません。

 

 

あららぎの為に 仕事してくれて

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに明日も行きます。

 

 

 

 

1 2 3 4 13