2017年5月29日

先日 お客様より 小さな子供用に

体にいいデザートを欲しいと ご要望が

ありましたので 久々に簡単に出来る 豆乳プリンを作りました。 甘さ控えめで 上からかける

黒蜜で甘さを調整します。

小さなお子様から おとなの男性の方まで

好評でした。  レシピを特別に公開しますね。

成分無調整豆乳   1リットル

砂糖        120グラム

板ゼラチン     約18グラム

植物性生クリーム   200cc

トッピングに バナナと黒蜜

 

作り方

氷水で板ゼラチンをふやかす

豆乳を50℃くらいに温め 水気を切った板ゼラチンと砂糖を溶かす。

ボールにうつすか 鍋ごとでもいいので

氷にあて ある程度 さます。

そこに生クリームをいれ 容器に入れ

冷蔵庫で 冷やす。 固まったら バナナと黒蜜をのせて 出来上がり。

うまくいくコツですが

豆乳は温め過ぎないで下さい。味がかわります。

板ゼラチンはよく溶かして下さい。

不安なら ザルなどで 濾して下さい。

容器に 入れる前に 冷やしすぎると

ゼラチンで作用で固まってしまうので

氷で冷やすのは 常温くらいまでで

大丈夫です。 豆乳は成分無調整を使用して下さい。 調整豆乳は少し甘いので 味がかわります。
DSC_0926DSC_0917

6月と言えば

2017年5月27日

本日の特選素材はこうかい(幸貝)です。

幸せな貝とかくので 昔はめでたい席によく使われたみたいです。 最近は水揚げもだいぶん減りました。

正式名称はテングニシと言います。

サザエ アワビよりも少し 味は劣りますが

噛みごたえがありコリコリとしており 美味しい巻き貝の一つです。

茹でて 柔らかくして食べるのが多いですが

あららぎでは コリコリを楽しんでもらうため

生で使います。 取り出すのも 難しく ハンマーで 所定の場所に穴を開け 筋を切って取りだします。 上のほうだけ加熱して取り出す方法もあるんですが 身がゆるむのを避けるためにハンマーでいきます。

歯の弱い方は オーダーのさいに 柔らかめと

お伝え下さい。
DSC_0919DSC_0909

さてさて今日も良い天気☀☀

梅雨入り間近5月最後の土曜日

2017年5月26日

今まで色んな種類の魚を食べてきましたが

どうしても苦手な魚もあります。

その一つが ニザダイです。

サンノジともいいます。

長崎の方言で ウシ と言います。

脂ののりがすごいからです。

値段も非常に安く 何度かチャレンジしましたが

磯臭さが酷くて 私はダメでした。

チヌやボラやスズキみたいに

たまに 臭いのがあるとかなら

いいんですが ニザダイは今のところ百発百中です。 高知県あたりでは 臭いのない個体もいるらしいんですが それなら食べてみたいものです。

一般に流通する事はありませんが

機会が ございましたら 一度チャレンジしてみて下さい。

ニザダイ好きのかたには 申し訳ない

ブログでした。

あららぎでは今のところ

使う予定はありません。
Screenshot_20170526-232144

1 44 45 46 47 48 49 50 85