2017年6月12日

梅雨から夏にかけて 瓜類が旬を迎えます。

きゅうり なすび 苦瓜 冬瓜 西瓜とかです。

今日は 白瓜を仕入れました。

だいたい 漬け物になりますが

炒め物とかにも いいですね。

今日は 中華風に 漬けてみました。

白瓜と人参に塩をして 洗って

ゴマ油1  酢4  砂糖4 塩ほんのちょっと

鷹の爪 生姜と一緒に漬けます。

一晩で食べ頃になり 3日くらいで

漬かり過ぎて ちょっと酸っぱくなります。

でも食べだすと 止まらなくなるので

すぐなくなりますが…

漬かり過ぎたものは ゆで卵とかと刻んで

マヨネーズと混ぜると 美味しいタルタルソース

ができます。
DSC_0991DSC_0981

なんとなくハッキリしない天気

2017年6月10日

旬のイサキを頂きました。

白身で皮まで美味しい魚です。

型が大きなものは刺身で最高ですね。

小さなものは 焼いたほうがいいと思います。

本日頂いたものは 神経じめが 不十分だったので塩釜焼きにしました。

練り塩と皮の間に 出汁を取った後の昆布と大葉をしきます。

そうしないと 塩が入り過ぎて 辛くなります。

ご予約いただければ メニューにはありませんが

ご用意できます。 1500円くらいです。
DSC_0995DSC_0993

2017年6月9日

本日は天然のネリゴを仕入れました。

聞き慣れない名前ですが カンパチの幼魚です。

カンパチの天然ものは最大記録で80キロまで育ちますが 小さくても旨味がしっかりしており

ます。逆に大き過ぎるとシガテラ毒に注意です。

 

暑い時はさっぱりした 刺身を食べたくなるので 幼魚の天然ネリゴにしました。

関東では カンパチ幼魚は人気があるんですが 長崎ではどうでしょうか。

たまには 脂が薄い あっさり系の刺身もいいですね。 よく冷やした うすにごりの 日本酒に合いそうです。
DSC_0973Screenshot_20170607-164751

2017年6月8日

今が旬の高島トマトです。

水や肥料をあまり使わず トマトを極限状態にして育て 甘さを引き出すそうです。

作るのが難しく 大変 気と労力を要するみたいです。

糖度が1上がるごとに 同じ高島トマトでも

名前をかえて出荷するそうです。

最近 野菜は ハウス栽培などで 旬がなくなりつつありますが フルーツトマトは春から 梅雨にかけてくらいしか出まわりません。

おしりがとがってるのと ヘタの周りのしわが

甘さを 物語っています。

塩とか マヨネーズとか つけずにそのまま

食べるのが一番美味しいと思います。

料理長が 一番好きな食べ物です。
DSC_0986DSC_0969

1 2 3 4 5 6 44