2018年11月27日

 

 

続いてのお持ち込みです。

 

 

初タイラバで 釣ったそうです。

 

 

DSC_1932

 

 

 

 

 

 

61センチの真鯛

50センチの真鯛

30センチちょいのイトヨリです。

 

DSC_1933

 

 

 

 

 

 

 

真鯛といえば やはりお刺身ですね。

 

 

あと 頭はあら炊きに 残った身は鯛しゃぶに

 

イトヨリは塩焼きにしました。

 

 

 

持って来られたかたは

あららぎの常連さんです。

 

 

また 一緒に タイラバ ジギング行きましょう!

 

 

 

2018年11月26日

 

釣り魚のお持ち込みの 2件目です。

 

 

DSC_1929

 

 

 

 

 

 

 

釣り方は 聞きませんでしたが

90センチちょいのブリです。

 

こちらのブリは 脂ののりもよく

熟成させてから 食べてもらいたかったです。

 

 

 

DSC_1930

 

 

 

 

 

 

 

手当ての仕方が素晴らしかったので

身が ぎちで(身が生きてて押すとビグンと反応がある状態)刺身にすると ブリンブリンでした。

 

 

カマは塩焼き

胃袋は湯引きに

 

頭はあら炊きにしました。

 

 

片身いただいたので

みんなでブリしゃぶにしました。

 

 

美味しかったです!

 

 

またのお持ち込みを お待ちしております!

 

 

2018年11月25日

 

久しぶりに釣り魚のお持ち込みが

ありました。

 

しかも 3件続けてです!

 

 

DSC_1922

 

 

 

 

 

 

 

まずは 落とし込み(サビキで小魚を掛け

そのまま底に落とし 青物など大型の魚を釣る方法)の釣果です。

 

一メートル超えの ヒラス、ブリ

 

キジハタに、 落とし込みのベイト(エサとなる小魚)と思われる鯵 鯖です。

 

鯵は刺身で食べてもいいサイズです。

 

ヒラスもブリも一メートルを超え

いい引きをしたと思われます。

ヒラスは脂ものり 上等でした。

 ヒラスとブリは よく似てますが

胸びれと腹びれの位置や

口元 などで確認できます。

 

魚はだいたい天然ものが

高いんですが ヒラスブリは

養殖物のほうが高いです。

 

特にブリは10キロ超えても

手軽な値段で 小さいブリ(ヤズ)などは

値段もつかないです。

 

DSC_1924

 

 

 

 

 

 

 

ヒラスとブリの食べ比べの刺身です。

 

画像が悪いですが(クリックするとちょっときれいに見えます)

 

 

右の皿がブリです。

ヒラスより身が赤っぽく

ちょっと血の味もします。

脂がのった腹身を寝かせて

食べるのが美味しいですね。

 

一メートルサイズでしたが

身質はやや  ヤズっぽく

あっさりしてました。

 

 

左の皿がヒラスです。

 

ブリより脂が少なめなんですが

このヒラスはよく脂がのってました。

 

料理長は 養殖ヒラス 養殖ブリの

脂の味が苦手であまり食べれないんですが

この天然ヒラスは脂ものり 美味しかったです。

 

 

 

DSC_1926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1928

 

 

 

 

 

 

ヒラスとブリの頭はあら炊きに

カマは塩焼きに

鯵は刺身と塩焼きに

鯖は竜田揚げに

ブリの胃袋は湯引きに

キジハタは鍋にしました。

鍋には 大きなエソが二匹あったんで

叩いてツミレにしました。

 

 

料理の品数が多かったんで

お一人様1500円いただきました。

 

 

またのお持ち込みをお持ちしております。

 

 

 

 

メーター超えヒラス釣りたいです

 

 

 

 

2018年11月19日

 

大村湾なまこが入荷しました。

 

今年の初物です!

 

 

 

DSC_1921

 

 

 

 

 

 

 

大村湾のなまこは あまりかたくなく

美味しいですね。

 

 

是非食べに来て下さい!

 

 

590円です。  原価率高めです…

 

 

 

2018年11月1日

 

 

先日の釣果のなかに

有明ターポン   標準和名 ヒラが

いました。

 

 

DSC_1918

 

 

 

 

 

 

ターポンとは 大西洋で釣れるさかなで

他に仲間にイセゴイというのが

いるそうです。

 

 

どちらも美味しくなく特に   イセゴイは最悪で 身がグズグズ味は鉛の味だそうです。

 

 

鉛を食べたことは無いですが

何となく気持ちは 伝わります。

 

 

ヒラは有明海でよく獲れ

ターポンに見た目が似てるから

 

有明ターポンと言うそうです。

 

 

魚屋さんにはあまり出回りません。

 

岡山で90%消費されるそうです。

 

 

 

小骨が 多い魚ですが

ボウズこんにゃくさんのサイト(魚の食味 方言など2000種くらい網羅してます)によると

味は5段階評価の 最高五つ星の究極の

美味だそうです。

 

 

都会の人と 長崎の人では味の好みは

違うと思いますが…

 

 

実際食べても究極の美味ではないと思います。

 

星4つくらいですかね?

 大きいのは

もっと美味しいのかも

しれませんが魚屋にもなくて

 

とにかく手に入りません。

 

 

わたくしもまだ二回しか

食べた事ないです。

 

 

 

コノシロをもっと大きくしたような

感じで70センチくらいになるそうです。

 

 

 

有明とつくから  有明海にしかいないと

思ったら  普通に橘湾でルアーで

釣れるそうです。

 

 

魚屋にあっても 安いです。

 

 

マイナー魚なんで  プッシュします!

 

 

 もう食べちゃって 無いですけど

 

 

釣れたら 載せますね!

 

何年先かわかりませんが…

1 2 3 4 90