キスの天ぷら2

 

 

前回の続きです。

 

料理長あんだけ注意してたのに

オコゼの背鰭 ぶっすり 刺さりました。

 

 

もう 内心  バカバカ 俺のバカ

俺これからどうなると?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果ですが  何もならなかったです。

 

 

 

すぐにチューチュー血を吸い出したのか

 

 

背鰭を半分切り取ったからか

 

 

料理長(44歳 老眼 趣味は釣り

)がオコゼの毒が効かない ニュータイプなのか

 

 

事なきを得ました。

 

 

 

オコゼの毒はたんぱく毒なので

刺されたら お湯(50℃)くらいにつければ

痛みはやわらぐそうです。

 

 

 

という事で釣り続行です。

何としてもキスをゲットしなければなりません。、

 

 

 

 

 

DSC_1760

 

 

 

 

 

 

 

延々釣れ続くのは 砂浜のゆるきゃら

草ふぐです。

 

 

あまりに釣れ続けるので 持って帰って

湯引きにして食べようと思ったけど

 

やめました。(草ふぐは唯一食べれる身にも弱毒を含みます)

 

魚屋さんにも売ってあるんですが

自分で裁いて食べると 何故か明日の朝起きるまで

心配で悶々とします。

 

あと このブログを見て ダンナが

ふぐ食べて 旅立たれたとか言う

クレームも受け付けてません。

 

とにかくふぐは 逃がして下さい。

 

 

あと草ふぐが 釣れて逃がすたんびに

トンビが それをかっさらおうと

急降下で 襲ってきます。

 

 

もはや 楽しいファミリーフィッシングではなく

ちょっとした サバイバルです。

 

 

 

なんだかんだで結果

 

 

 

DSC_1761

 

 

 

 

 

 

 

いい型のベラと オコゼは持ち帰りました。

 

 

オコゼは 私食べたかったんですが

唐揚げのオーダーで 旅立たれました。

 

 

DSC_1762

 

 

 

 

 

 

ベラは

 まいたけと共に賄い天丼になりました。

 

 

 

ブログのタイトルは キスの天ぷらですが…

 

 

 

 

そうです キスは1匹たりとも

釣れませんでした。

 

 

しかしおにおこぜですよ!

 

 

キス100匹釣るより レアなかんじがします。

 

 

こないだのタイラバといい

 

最近 そんなばっかりです…